about Aaron John

ナバホ族の中でも近年頭角を現してきた今最も注目されているジュエリー・アーティストの一人、Aaron John(アーロン・ジョン)と、MICのプロデューサーMOTOとの出会いによって誕生したブランドが、”Aaron John for MIC★MOTO”。 MOTOのディレクションの下、MICの為にアーロン・ジョンが住むアリゾナの工房でアーロン自身の手によって1点1点作られる品は、「誰でもが買える」大量生産品とは異なった希少なアートピースと言える。

”Aaron John for MIC★MOTO”は、アーロンの代表的な技法であるインレイ・ワークを駆使し、キングマン鉱山産のターコイズをスターリング・シルバー製の台座に並べて作り上げるジュエリーで、昨今流行りのゴツ目なものとは一線を画した、上品で身に着ける人を選ばずシンプルでモダンなネイティブ・アメリカン・ジュエリーとなっている。また、「私は他のアーティスト程たくさん作らない。気が向いたときにだけ作って売っている」という商売っ気の無さ故に、一年を通して彼が作るジュエリーの数は非常に少なく、限られた者だけが手に入れることができる大変貴重な作品である。

2015年3月10日で創業25周年を迎えたMICが、初めてのネイティブ・アメリカンとのコラボによって作り上げたMIC史上初となるネイティブ・アメリカン・ジュエリーの登場である。

Aaron John (アーロン・ジョン)
1967年アリゾナ州フォートディファイアンスで、4つのオリジナルのナバホ族の1つ、Hashtl'ishnii (Mud People Clan)族に生まれた。
ジュエリーを作っていた父親の真似をして16歳で工具を手にし、ジュエリーの作り方は高校へ通いながら独学で学んだ。2008年まで22年間炭鉱夫として働いていたので、ジュエリー製作を仕事にしたことはなかった。本人曰く、「私は他のアーティスト程たくさん作らない。気が向いたときにだけ作って売っている。私が持つデザインのアイデアは、私が見たものや私が生まれ育ったナバホ族の物語に由来している」

ここでクリアー
ここでクリアー
ここでクリアー
ここでクリアー