CHAZ BOJORQUEZ < MIC@WEB

グラフィティーを『単なるストリートの落書き』からアートの世界に引き上げることに成功させた『オリジネーター』、CHAZ BOJORQUEZ(チャズ・ボホルケス)。

この度、MICがCHAZ BOJORQUEZの世界初の正規ディーラーとして認定され、MIC EBISUにて展示販売を開始します。
商品詳細や在庫確認をご希望の方は、info@micweb.jp までご連絡下さい。


CALI 2013 w/Frame
¥540,000- (税抜:¥500,000-)
Original Painting (Acrylic paint and spray can on zolatone prepared paper.)
Paper : H:530mm / W:530mm (Approximate H:21” x W:21”)
Frame : H:602mm / W:602mm

※配送料は¥3,000+消費税となります。
※こちらの商品はメルマガ会員割引は適用外となります。
※商品詳細やご質問は、info@micweb.jp までお問い合わせ下さい。

購入する


SOMOS VATOS LOCOS DE-V-LA 1989 w/Frame
¥494,640- (税抜:¥458,000-)
Mono print-One of a Kind Serigraph, spray can and acrylic paint on zolatone prepared paper.
Paper : H:535mm / W:535mm (Approximate H:21” x W:21”)
Frame : H:602mm / W:602mm
SOMOS = WE’RE (THE) = 俺達は
VATOS = HOMEBOYS = 地元の
LOCOS = CRAZY = 悪ガキ
DE-V-LA = DE(FROM) V(MARIO from NEIGHBORHOOD) LA(LOS ANGELES)

※配送料は¥3,000+消費税となります。
※こちらの商品はメルマガ会員割引は適用外となります。
※商品詳細やご質問は、info@micweb.jp までお問い合わせ下さい。

購入する



Untitled 2012 w/Frame ¥378,000- (税抜:¥350,000-)
Fine Art Limited Edition Serigraph, Edition: 60, 4 Color, Silver and Gray Ink
Publisher : Modern Multiples Fine Art Editions, Los Angeles, California, USA
Paper : H:725mm / W:1,230mm (Data Spec:H:28” x W:48”) / Frame : H:820mm / W:1,330mm

※配送料は¥3,000+消費税となります。(※こちらの商品はメルマガ会員割引は適用外となります。)
※商品詳細やご質問は、info@micweb.jp までお問い合わせ下さい。

購入する

CHAZ BOJORQUEZ (チャズ・ボホルケス)
1949年カリフォルニア州 ロサンゼルス生まれ


1949年生まれのCHAZ(チャズ)は、LAにおいて初めて独自のスタイルを確立したグラフィティー・アーティストの一人であり、自他共に認めるLAのグラフィティー界における『ゴッド・ファーザー』的人物である。

1950年代初期、彼がまだ幼少だった頃 LAでスプレー缶の代わりに筆が使われていた時代に“チョロ”ギャング・グラフィティーと呼ばれるイーストLAのメキシコ系アメリカンスタイルのグラフィティーに出会った。その後、中国最後の皇帝の兄弟であるプ・ユに書道を学んだチャン師匠のもとで書道を習得し、69年に伝統的で名誉あるコロ・ギャング・グラフィティー、アート・スクールでの学問、そしてアジアのカリグラフィーに存在するスピリチュアルなスキル、この3つを持ち前のアートスタイルに融合させた独自のグラフィティー・スタイル『 LA“チョロ”スタイル』を確立した。1970年から80年代初期、自分がストリートでタギングをするようになって10年以上たってから、自分はなぜグラフィティーをしているのかと思い始めた。そして1979年から3年間に亘り、計35カ国に及ぶ世界旅行へと旅立ち、グラフィックや文字がどのように各々の文化を表すのかを肌で感じることとなる。

こうして生み出された CHAZ のグラフィティーは、様々な映画にも登場しており、中でもNYのギャング団を描いた 『ザ・ウォ-リアーズ 』のロゴが印象的。また、メキシコ系ギャング団の中では認められた者のみが彼の描いたスカルのタトゥーを身体に刻むことが許されており、それは「撃たれても死なない」という意味だという。同時に、JA RULE等大物ラッパ-のロゴを手掛けたりとヒップホップカルチャーにおいても多大な信頼を得ているのである。 そして、これまでに世界中で数々のグループショーやソロショーをこなし、多くの作品がスミソニアン博物館を始め、15の公立、州立のミュージアムにパーマネントコレクション(永久展示品)として認定されている。

彼が作り上げたスタイルは現在のグラフィティ・カルチャーに絶大な影響を与え、多くのアーティストをインスパイアしていると同時に、自身も今尚進化し続けている。