about Coat Of Arms
Coat Of Arms Logo

MICが創業15周年を迎えた2005年にMICカンパニーロゴをモチーフにしたNEWジュエリーライン、“Coat Of Arms : コート・オブ・アームス(紋章)”をリリース。現在のロゴマークの前身となる旧ロゴはMIC EBISUをオープンする前年1996年にデザインされたもので、今も同ショップの外壁には“BILL WALL”と“TRAVIS WALKER”の合作のレザーアートがはめ込まれてます。また、このロゴマークはMIC EBISUの3周年と5周年を記念し作成したドッグタグのみに使用した貴重なロゴです。そのMIC記念ドッグタグがきっかけで、知り合いが増えたというエピソードをよく耳にしていました。ジュエリーは単なる装飾品ではなく、人と人を繋ぐコミュニケーションツールにもなり得ることに気付かされ“Coat Of Arms”の立ち上げに至りました。

MICならではのこだわり抜いた本物のジュエリーが、今後も多くの人達のコミュニケーションツールとなり、出会いや喜びの源になっていただけたら本望です。

そして翌2006年、MICのオリジナルのレザーグッズを手掛けている西海岸のカリスマレザーアーティスト“Jerry Van Amburg氏”の協力の下、高品質なシルバー&レザーのアイテムが加わることになりました。選んだ革は、原点に返り「牛」と「エイ」を使用。とくにエイ革の中でも「※multiple eye」と呼ばれる種類のモノは非常に高価で、同じパターンが2つと存在せず、且つその部分だけを贅沢に使用したアイテムは必然的に世に2つとないone of a kindの商品となる。「天然」を「必然」に生まれ変わらす我々のデザインをLAで形にした「MICらしい」コレクションが新に生まれ変わっての登場です。

※白い軟骨のようなパーツが一直線に身体の真ん中にある種類

ここでクリアー
ここでクリアー
ここでクリアー
ここでクリアー
ここでクリアー