ここでクリアー
GET BACK SUPPLY (ゲット・バック・サプライ)は、1998年にカリフォルニアのサンディエゴに住んでいたScott Gousha(スコット・ゴウシャ)が、「60年代のカリフォルニアのサーファー達が愛用していた※セント・クリストファー・ペンダントを復活させよう。」と思い付き、家族と一緒にデザインを考え、南カリフォルニアの海岸沿いにあるサーフショップに売り込みを掛けたところから始まった。
彼ら家族も属しているサーフコミュニティに受け入れられるよう、伝統的なカトリックのメダリオンとはデザインを変え、色、形、素材に特徴を持たせ、裏にサーファーの絵を象った。
それらはEncinitas(エンシニータス)にあるローカルのサーフショップ、Hansen’sが取り扱いを始めると、海岸線の北から南まで次々に取扱店が増えて行き、セント・クリストファー・メダルはたちまちローカルのサーファー達の間に広まって行った。
しかし2013年には創始者のスコットが他界し、その後は妻のBrenda (ブレンダ)と息子のNick (ニック)で会社を運営している。スタートから20年経った今、Jack’s Surfboards, Sun Diego Surf Shop, Honolua Surf Co, Becker Surfboards, Hobie Surf Shop, Val Surf, South Coast Surf Shop 等、地元の有名サーフショップをはじめとし、取扱店の数は世界中に500店舗にまで増えているが、今もファミリービジネスの形を保ち続けている。
そして、2016年に公開された映画「ロスト・バケーション (The Shallows)」の中で主人公のサーファー・ガール、ナンシーを演じるBlake Lively(ブレイク・ライヴリー)が着用していた事で、目下アメリカのサーファー・ガール達の間で大ヒットしている。
※セント・クリストファー・チャーム
“セント・クリストファー”は伝説によると、川や海辺を渡る旅人を手伝う仕事をしていたカトリックの聖者で、恐ろしい顔をしていて背丈が7.5フィート(228.6cm)もある巨人だったと言われている。13世紀の書物によると、彼は偉大な全ての王に使える為に放浪した冒険家であり、多くの人が命を失った危険な川で旅行者を運ぶ任務が与えられていたそうである。そして赤ん坊に姿を変えたキリストを抱いて川を渡ったという逸話があり、その描写が施されたメダルが旅のお守りとして車のサンバイザーやダッシュボードに飾られるようになった。
そして60年代になるとサーファーや水夫等が、厳しい天候や危険から身を守る為に“セント・クリストファー”のメダルをお守りとして首に巻くようになり、誕生したのが“セント・クリストファー” ペンダントである。その宗教的な起源と伝統的なデザインから、教会等でも取り扱われるようになったのだという。
現在はサーファー、旅行者、探検家等に特に人気があり、サーファーの中には「着実に進む」という意味の象徴としてセント・クリストファー・ペンダントを身に着けている人もいる。
ここでクリアー
ここでクリアー
ここでクリアー
ここでクリアー
ここでクリアー